子育てしやすい “まち”柏

  • 駅前保育ステーションの整備
  • 「こども広場」「こども図書館」を駅前に設置
  • インフルエンザを含む予防接種の助成拡大
  • 高校卒業までの医療費助成
  • 通学路の安全に向けた整備の徹底
  • MFICUとNICUを設置
  • 給食費補助・学用品・給付奨学金制度を整備
  • 障がい児・外国人のニーズに応える学びの場

将来を見据えた 自治体経営

  • 乳幼児人口を増やし、持続可能な人口増加
  • お年寄りの生きがいづくり、健康寿命を延ばす
  • 住み続けられる暮らしやすい街づくりの実現

「地域完結型」の コロナ戦略

  1. 希望者への速やかなワクチン接種
  2. 保健所職員の更なる増員
  3. 抗原検査キットの配布
  4. 柏市独自の優先病床の確保
  5. 医療機能強化宿泊療養施設を増やす
  6. 訪問診療やオンライン診療の強化

このまちで生きてほしい

柏市で8月17日に起きた

新型コロナ入院調整中の新生児死亡事案
その事実を知って
今までに経験がないほどのショックを受けました

いったい政治はなにをやっているのか
いったい私はなにをやっているのか
どうして命を守れなかったのか

私は初めて国会議員になったとき
「負け組ゼロ」と訴えました
生まれた環境や性別などが原因で
努力が報われないような社会はおかしいと訴えました
しかしこの国は「負け組ゼロ」どころか
強いものがますます得をして
弱いものが生きにくい社会になってしまいました

世界はいま新型コロナと戦っています
その中でこの国は
弱いものが生きにくい社会ではなく
もっとひどい
弱いものが生きられない社会になっています

新型コロナによって売り上げが激減した話
仕事を失った話
平穏な毎日の生活を奪われた話をたくさん聞きました

私は
政治の力で守れる命があると信じているし
政治の力で守れる生活があると信じています

これから柏に生まれてくるこどもたちも
柏で暮らすひと、柏で働くひとたちも
これまでの柏を支えてくださったお年寄りも
これからも
このまちで生きてほしい
私が、もっといいまちにしますから

PROFILE

プロフィール

8月28日 柏市生まれ O型 未年 おとめ座

ゆりぞの幼稚園、柏市立土南部小学校、柏市立南部中学校、千葉県立沼南高柳高校と地元柏市で就学。

日本大学法学部卒業。

東葛地区で起業。

社団法人松戸青年会議所に入会、新潟県中越地震の際には炊き出しのボランティア活動に参加するなど地域活動に積極的に取り組む。

千葉県議会議員補欠選挙に初当選。

25歳6ヶ月での当選は千葉県議会史上最年少。

衆議院千葉県第7区補欠選挙で国政初当選。

全国最年少(当時)の国会議員で政権交代のきっかけをつくる。

衆議院議員 通算3期

柏市政を左右する大きな戦いに挑戦する決意を固める。

宅地建物取引士

読書

水泳(幼少期は柏洋スイマーズに通う)

米沢藩主の上杉鷹山

率先垂範

ナナとモナ

市民の目線で創造する柏の未来

あなたのふるさとになりたい

私は柏で生まれて育ちました。「ふるさと」は生まれたばかりのあなたを、おとなになるまで守り育ててくれるだけではなく、おとなになってからも悩んだり、困ったり、苦しいときに、教えを与え、手を差し伸べてくれるものです。「ふるさと」はいつでも、弱い立場の人にやさしいのです。
柏は、私の「ふるさと」です。
あなたが自信をもってそう言えるように、こどもたちが将来、自信をもってそう言えるように、柏をもっとやさしいまちにしませんか。
あなたのふるさとになりたい。
柏もきっとそう思っています。

太田かずみ 柏市長選挙に立候補!

Play Video

太田かずみ 公式チャンネル

女性市長で輝く柏に!

私たちも応援します。

Media

メディア

柏事務所

〒277-0005
千葉県柏市柏5-6-10

お問い合わせ先

TEL:04-7160-2313

FAX:04-7160-2314

X