NEWS


おしらせ

New!  2017.10.12

「やさしく、強く」 太田かずみの5Policy

※このビラは印刷して配布することはできません。 PDFを表示.....

New!  2017.10.01

かずみプレス希望10月号

かずみプレス希望10月号を発行いたしました。 ご一読いただけますようお願い申し上げます。   PDFを表示.....

2017.06.15

「教育の無償化法案」衆議院に提出

我が国の「子どもの格差」は先進国41か国中ワースト10位です.(ユニセフ調査) 親の所得に応じて進学率が異なる「教育格差」が広がっており、奨学金制度はあるものの、返済の不安から進学を諦める生徒が年間何万人もいると推計されています。 子どもたちの教育は未来への投資です。教育にかかる経済的負担を軽減し、教育の機会均等を図るため、本日、衆議院に「教育の無償化法案」提出しました。 「教育の無償化法案.....

2017.05.17

環境委員会(廃棄物処理清掃改正法)

食育・環境教育が全国の小学校で実施されるよう事業の拡大を要請し、 産業廃棄物の不正投棄・転売等を未然に防ぐ策の徹底と循環産業促進策を求める 質疑概要.....

2017.04.28

文部科学委員会で質疑(学校教育法の一部改正)

専門職大学・短期大学が創設されます。設置基準を満たした専門学校等は専門職大学・短期大学に転換し、ここに通う学生たちは学士(専門職)・短期大学士(専門職)を取得することができるようになります。今回の新たな大学類型の創設は短期大学が設けられた1964年以来55年ぶりです。 NEW! 専門職大学・専門職短期大学は、第四次産業革命の進展による社会経済情勢の変化に対応できる人材を輩出するため、.....

2017.04.25

環境委員会で参考人に質問

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律案」(参考人質疑) 千葉県では野生生物21種が絶滅!今回の改正で危機的状況は改善されるのか?   千葉県は絶滅の恐れがある野生生物を載せる「レッドリスト」を改訂し、Aランクに新たに117種が加えられました。また、環境省のレッドリストでも絶滅危惧Ⅱ類に分類されているヒメキンポウゲなど21種が絶滅したことを公表しました。 絶滅.....

2017.04.18

環境委員会で質疑 「持続可能な開発目標(SDGs)」(一般質疑)

環境政策を進めることで経済成長を! NEW!   地球の環境や経済、人の暮らしなどを持続可能とするために、すべての国が2030年までに達成すべき17のゴール(目標)が、2015年の国連サミットおいて全会一致で採択されました。それがSDGsです。 SDGsの7番目のゴールは「クリーンエネルギー」です。我が国も将来的には温室効果ガスの排出を実質的にゼロにしていくためにも、再エネの大量.....

2017.04.07

環境委員会で質疑 土壌汚染対策法改正

健康被害が及ばぬよう万全な対策と中小事業への支援を! NEW! 人の健康に有害な土壌汚染が想定される区域が国内に約数万ヵ所あると国は想定しています。 そのうち約1万ヵ所で操業が廃止されていますが、現行法では土壌汚染の調査が猶予されているケースも多いことから、操業廃止または形質変更(工事等)時には土壌汚染調査を行うよう規制が強化されます。 一方、京葉臨海コンビナートにように、人の住ま.....

2017.04.05

衆議院 議院運営委員会委員長に緊急要請

一刻も早く性犯罪改正案の審議に入り、成立を急ぐべき! NEW! 性犯罪の厳罰化を定めた刑法改正が成立すると、110年ぶりの改正となります。 改正により、どんなに深刻な被害にあっても声をあげられなかった被害者を救うことができ、厳罰化により犯罪を抑止することができます。この改正は、国民が、特に女性が長らく切望してきたものであり、一日も早く成立させるべきです。 しかし、政府与党はこ.....

2017.03.31

衆議院環境委員会

生物多様性は一度損なわれたら、回復させることが困難!早めの対応を! NEW! 生物多様性に悪影響を及ぼさないよう、国際条約(「カルタヘナ議定書」)に基づき、遺伝子組換え生物の使用を規制しています(「カルタヘナ法」)。現在、国内で使用が認められているのは、トウモロコシ、ワタ、ダイズ、セイヨウナタネなどの19種、358件のみです。 しかし、遺伝子組換え生物を使用して生物多様性を損なった時の.....

2017.03.17

衆議院文部科学委員会

やっと給付型奨学金が創設されます。しかし、規模があまりにも小さい! NEW! これまで奨学金は貸与型しかありませんでした。そのため、奨学金とは名ばかりの教育ローンの返済に若者は苦しみ、奨学金問題は社会問題となりました。 長年に渡り教育への投資を怠ってきた自民党政権がもたらした結果は、OECD諸国の中でも「教育費の家計負担が最も高い日本」、「国の教育への財政支援が最低レベルの日本」です。この状.....

2017.02.20

民進号外 2017年2月号

画像クリックでPDF 民進号外2017年2月号を発行いたしました。 ご一読いただけますようお願い申し上げます。 NEW!.....

2017.01.08

民進号外 2017年1月号

画像クリックでPDF 民進号外2017年1月号を発行いたしました。 ご一読いただけますようお願い申し上げます。.....

2016.11.29

衆議院本会議で会期延長反対討論

衆議院本会議で会期延長反対討論 14日間の会期延長について、衆議院本会議で反対の立場で討論をいたしました。 TPPはもはや成立させる理由が消滅し、将来世代の年金確保策としても不十分な年金カット法案は、年金生活者の生活をさらに苦しくするだけでなく、国民の理解も得られません。廃案にすべきです。 また、政府与党幹部による暴言が相次ぎ、数におごる政府与党の国会軽視の姿勢は目に余るものです。 .....

2016.11.25

COP22「パリ協定」及び千葉県における指定廃棄物長期管理施設、コウノトリ・トキの舞う魅力的な地域づくり事業について

11月25日 環境委員会で環境大臣に質問しました。 気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22) 及び パリ協定について 我が国は2030年度までにCO2の26%削減を国際公約していることからも、原子力に頼らない社会を作り上げ、世界の潮流となる再生エネルギーの利用拡大の政策に国は大きく舵を切るべきことと、パリ協定が実質上「脱炭素」宣言であることからも、途上国の温暖化対策を支援していくに.....

2016.11.16

文部科学委員会で「学校におけるICT化について」整備促進に向けての支援の拡充と情報端末の負担については家庭負担とならぬよう熟議を求める!

全国の学校ではICT化が進められています。 ICT化を活用した授業は、子ども達の学習への興味や関心を高め、子ども達の主体的な学びを実現し、先進的にICTを導入した学校では学力が向上したといった実例もあります。国として当面の目標は、各学校の児童生徒3.6人に1台のPCやタブレット等を整備することですが、現状は6.2人/台です。11月16日の文部科学委員会では、整備加速の壁となっている費用(地方.....

2016.04.06

文部科学委員会で「2020年東京パラリンピック大会の成功に向けての課題」について馳文科大臣と遠藤オリパラ大臣と議論

2016年4月6日 ロンドンパラリンピック大会では278万枚のチケットが完売しました。購入者の55%は女性で観客の75%が家族同伴、そして教育期の子どもを持つ世代が中心でした。東京大会を成功に導くためにも学校教育で障がい者スポーツの啓発が必要です。 パラリンピックでのメダル獲得数はアテネ大会以降、下降しています。障がい者スポーツのすそ野を広げるためにもメダルの獲得が望まれますが、日本は欧州.....

2016.03.25

「奨学金制度の現状とあり方」について学生と討論

学生研修会で奨学金の在り方や現状と課題について講演し、学生たちとディスカッションしました。日本は授業料が高く、支援も低い。そして、給付型の奨学金制度がない世界でもめずらしい国です。将来の日本の発展のためにも教育に投資する必要があります。給付型奨学金制度の確立を!  .....

2016.03.22

オリンピック・パラリンピック準備推進法案を衆議院に提出しました。

2020年のオリ・パラ大会は成功させなくてはなりません。 しかし、白紙撤回された国立競技場建設問題、エンブレム問題、さらには聖火台の設置も混迷を極めていて、責任の所在が曖昧なままです。大会の国会報告を義務付け、情報公開と透明性確保を進めるべきと考え、太田和美は発議者として「オリンピック・パラリンピック準備推進法案」を衆議院に提出しました。 .....

2016.03.09

文部科学委員会にて高等教育(大学等)について馳文科大臣に質問

文部科学委員会にて高等教育(大学等)について馳文科大臣に質問 教育の家計負担が少子化に関係していることから政府は無利子奨学金の対象者を約6000人増員しますが、それでは不十分です。なぜならば、貸与基準を満たしながら、貸与を受けられない学生がまだあと24000人もいるからです。「お金がないから進学をあきらめる」人が年間6万人もいると言われています。教育格差も生まれています。親の所得によって子ど.....