NEWS


おしらせ

2017-06-14 20:18:11

「教育の無償化法案」衆議院に提出

我が国の「子どもの格差」は先進国41か国中ワースト10位です.(ユニセフ調査)
親の所得に応じて進学率が異なる「教育格差」が広がっており、奨学金制度はあるものの、返済の不安から進学を諦める生徒が年間何万人もいると推計されています。
子どもたちの教育は未来への投資です。教育にかかる経済的負担を軽減し、教育の機会均等を図るため、本日、衆議院に「教育の無償化法案」提出しました。
「教育の無償化法案」は、就学前教育(3才~)から高等教育(大学、高等専門学校)までの授業料(公立相当分)及び 小中学校の学校給食を無償化するものです。
一日も早い審議を望みますが、与党は委員会質疑が未了のままで本会議で強行採決を行うなど、民主的ルールを否定した暴挙で国会を閉じようとしています。
国会を閉じず、将来の日本のためにも審議すべきです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

法案概要